惠藤憲二は、投資会社、エトーム株式会社の代表取締役です。

今、惠藤憲二とエトームの活躍が、日本のファッション業界に大きく影響を与えています。惠藤憲二は、投資会社、エトーム株式会社の代表取締役です。惠藤憲二はこれまでも、フランスはパリの大人気セレクトショップ・レクレルールが海外発出店先として日本に進出する際、投資家として力添えをしたり、今話題のセレクトショップ、フレッドシーガルが日本上陸の際、ライセンス契約を交わしたりと、数多くの実績を残しています。

惠藤憲二は、吉本興業出身として知られ、日本一のキャバクラグループを築き、その勢いを利用、服飾分野のマークスタイラーを成功させました。マークスタイラーは、誰にでも手の届く価格でハイクオリティー、ハイビジュアルのアイテムを提供しているブランドです。

現在は、中国系投資会社に売却しており、次の一手に注目が集まっていて、その投資術にも多くの方が注目しており、今後、どのような分野に進出するか、活躍が期待されています。

海外有名セレクトショップを展開

ETOAM(エトーム)と惠藤憲二氏の協力のもと日本でも展開されることになったフランス代表セレクトショップ「L’ECLAIREUR(レクレルール)」(日本店は、5店舗目として開業)。

「ドリス・ヴァン・ノッテン」「ジョン・ガリアーノ」などの著名デザイナーズブランドや、「トーマスワイルド」「オート」などの気鋭ブランドを合わせた40ブランド以上のブランドを取り扱っています。トレンド最先端のものばかりがラインナップされています。

もうひとつ注目されているのが、店舗内装。パリの店舗同様、オーナー兼バイヤーのアルモン・アディダさんが自らプロデュースを手掛けた店舗となっています。

店内は、パリ郊外の築100年以上の染色工場の壁の一部をファサードのブラインドに使用しているのが特徴。またカフェサービス用のバーカウンターや中庭、ギャラリーなども設けられています。

ETOAM(エトーム)が日本へ展開したフランス代表セレクトショップ「L’ECLAIREUR(レクレルール)」に大注目です。

海外有名ファッションビジネスを展開したETOAM(エトーム)について

海外の影響が一番大きいとされているファッション業界。その中でも早い段階で海外のトレンドを日本へ取り入れたといっても過言ではないのが、株式会社ETOAM(エトーム)の展開したファッションビジネス。

今となっては、一般の方にも浸透している多数のブランドを取り扱うセレクトショップ。

日本にまだまだ馴染みのないころにETOAM(エトーム)と実業家惠藤憲二氏と協力のもとフランス代表セレクトショップ「L’ECLAIREUR(レクレルール)」をOPENさせました。

「L’ECLAIREUR(レクレルール)」が開業されたことがきっかけで日本でのセレクトショップに大きな影響を与えたといわれています。

オープンと同時に、取り扱いブランドや商品だけでは なく店舗内装も高く評価され、ファッション業界だけではなく様々なメディアからも注目を集めました。